スポンサーリンク
65歳定年で就活して得た知識をお披露目するリアルなブログ

【就活】定年って新しいスタート!!!充実した日々へ

60歳で役職定年を迎え壁に 「このまま再雇用の道を進んでいいのか」これまでの経歴から手離すことをしっかり考えなかったこと
相続

【相続を爽続に】相続開始後の遺産分割協議の場で

多分皆さんの抱える大きな問題はこんなのがあるのでは被相続人を 介護してきた子VS介護しなかった子 こんな言葉がとびかうのでは
相続

【相続を爽続に】不動産の評価額の出し方は

「不動産の評価額の出し方は用途別に定められている」と言われても「どうやって!」って戸惑うかな 不動産は土地と家屋に分けてそれぞれの評価額を求めるよ また、用途別に定められた方法で評価額の出し方が決まっているから
相続

【相続を爽続に】相続財産の総額をつかむには

なんだか微妙な金額で、不動産や株式でましてや貴金属もあって金額に換算しにくい課税対象となる財産を金額に換算するときは原則として財産を取得したとき(=課税時期)の「時価」で評価するのが税金のルールだよ早速出来ることは自分で換算してみて
相続

【相続を爽続に】相続税がかかるかどうか、よくわからない

相続税に対してはどんなイメージをお持ちですか?「遺産のほとんどを持っていかれる」なかには「相続税の為に自宅を売却する」なんていろいろな妄想するかな
相続

【相続を爽続に】話し合いがまとまらないとき

遺産分割協議書を作成し、そのとおりに引き継ぐ手続きになるよねだけど、この分割方法で揉めたとき自分たちの話し合いではどうしても決着がつかないときは専門家に相談するしかないと思うっと言って専門家?相続のときに頼れる相談先は
相続

【相続を爽続に】遺言に納得できないときの遺留分請求

今回は「遺言に納得できないときの遺留分請求」をお話しするよ 遺留分を請求する権利があるのは法定相続人のうち配偶者と直系卑属(子や代襲相続の孫など)直系尊属(親や祖父母など)で兄弟姉妹や甥姪には遺留分はないよ
スポンサーリンク